ウクライナの首都、キエフが、世界で最も発展したスタートアップ都市ランキングで34位を獲得

ニュース

ウクライナの首都、キエフが、世界で最も発展したスタートアップ都市ランキングで34位を獲得

ウクライナの首都、キエフが、世界で最も発展したスタートアップ都市ランキングで34位を獲得

JOINJAPANはウクライナの革新的なスタートアップについて誰よりも詳しいです。皆さんに新しく発見した成功の見込みのあるスタートアップを常に紹介していますが、特に記憶に残ったものがありますか?

この度、StartupBlinkというスタートアップのプラットフォームが、スタートアップエコシステムの最新評価を公開しました。その評価によると、キエフは2017年の評価と比較し、29ランクアップし、34位になりました。頼もしい成長です。

キエフはミュンヘン、ヘルシンキ、深センを追い抜きました。ウクライナ自体も100か国のランキングで31位になりました。

では、キエフはなぜ5年間でこのように成長したでしょう。その原因は以下の通りです。

・UNIT.Cityと呼ばれるスタートアップの溜まり場の出現。
・年間20%、ITスペシャリストが増加。
・世界各国からの投資の増加。
・Grammarlyという英語文章チェック専用のスタートアップなど、各種スタートアップの成功事例の増加。
・資金調達の成功事例の増加。

これらがキエフをスタートアップ都市として盛り上げている要因です。ちなみに、StartupBlinkランキングの上位都市は、サンフランシスコ、ニューヨーク、ロンドンで、東京は14位でした。

世界の人々を便利にする優れた技術開発をこれからも応援します。