ドローン戦争 ウクライナ、AI戦争 ウクライナ

ニュース・リサーチ

ドローン戦争 AI戦争 ウクライナ

ウクライナ戦争は、AI戦争でありドローン戦争である

ウクライナの勝利に貢献するテクノロジーに関する記事が、1日のうち2つの大手メディアに掲載されました。アメリカの『タイム』誌は、ハイテク大手がいかにウクライナを人工知能(AI)の軍事実験場に変えたかについて書いています。この記事は、トップクラスのハイテク企業であるパランティアのケースに焦点を当てており、2022年6月、同社のアレックス・カープCEOがキエフを訪れ『ダビデが現代のゴリアテを倒せるように、我々は団結できる』と協力を申し出たとしています。また、ウクライナはすでに、あらゆる最新技術の最高の実験場となっており、マイクロソフト、アマゾン、グーグル、スターリンクといった企業とすでに協力関係を結び、その大きな使命は、技術研究の世界的な実験場として用いることだとしています。

同じ頃、イギリスの雑誌『エコノミスト』は「安価なドローンがウクライナの戦争をどう変えるか」という記事を掲載しました。ドローンはこの戦争のゲームチェンジャーとなり、敵の装備を破壊し、ウクライナ軍の命を救っています。ウクライナでは、ドローンの生産規模を拡大し、民間企業の能力を強化することで、より多くのドローンを生産できるようにしていると書かれています。ウクライナはロシアに勝利するためにドローン戦争の準備をしています。

関連情報