Коронавирус – толчок к укреплению японско-европейских деловых отношений

ニュース

Коронавирус – толчок к укреплению японско-европейских деловых отношений

アメリカは、武漢市での新型コロナウイルスの発生による感染者や死者が急拡大していることで、中国市場を見限る動きを急速に強めています。

中国への渡航禁止、中国への製品輸出を中止、投資の取り止めや延期などなど、様々な対応がとられています。

中国撤退後は日本や韓国、台湾に進出する企業が増えるそうですが、日本や韓国にもウイルスは入ってきますから、安全とは言えません。

アップル、ホームデポット、アマゾン、ヒューレットパッカード、デル、グーグル、ハズブロなどの米企業は、具体的に中国での生産ラインの移転を計画中で、主な移転先は台湾やマレーシア、インドネシア、タイ、ベトナムです。

また、情報に敏感な賢い日本企業の中でも、似たような動きが起こっています。

具体的には『アジア離れ』と呼ばれるもので、中国を含むアジアに依存し過ぎないビジネス環境を整えていく計画です。

アジア離れの結果、日本企業が主な進出先として候補に挙げているのは、中欧・東欧です。

もともと、日本は『中国離れ(中国市場に頼りすぎない環境づくり)』をし、東南アジアにも進出をしていましたが、新型コロナウイルスの影響で、今後は、ヨーロッパとのビジネス展開がこれまで以上に加速します。昨年EUと日本の関税も撤廃されましたし。

コロナウイルスで暗い話が多い中、日本とヨーロッパのビジネスは、今後、ますます増えていく見通しです。

この波に乗るか乗らないかは、もちろんあなた次第!