Экс-глава Uber Трэвис Каланик инвестировал в строительство отелей 3D-печатью

ニュース

Экс-глава Uber Трэвис Каланик инвестировал в строительство отелей 3D-печатью

ウーバー創設者のトラヴィス・カラニク氏は、自らの10100 Fund財団から3Dプリントホテル建設スタートアップ、Habitasに投資しました。JoinJapanが調べたところ、ハビタスが調達した資金の総額は2000万ドルのようです。

では、Habitasとはどんな会社なのか、見ていきましょう。

Habitasはホテル施設用プレハブ建築物を3Dプリンターで建築し、世界中にある同社のリゾート施設に移送します。「我々はホテル施設をレゴのように組み立てます」とHabitas創造者、オリバー・リプリー氏がコメントしました。月に約100部屋分の設備のプリントが可能であり、ホテル施設の建設にかかる時間は6ヶ月から9ヶ月です。とても速いですね。

世界初の3Dプリントホテルはメキシコのトゥルム市で登場しました。一泊代は約200~400ドルです。 ホテルのターゲットオーディエンスは、宿泊先の豪華さではなく、旅行の思い出を最優先にするミレニアル世代の来客です。

カラニク氏の他に、Ocadoオンラインショップ代表取締役のティム・シュタイナー氏やTinder創設者のジャスティン・マルティン氏、Galaxy Digital暗号通貨銀行創業者のマイク・ノヴォグラツ氏などの有名な実業家もHabitas社の株式を取得しました。 同社は、投資された資金を事業拡大のために使用すると期待されています。

また、同社は2020年末まで8箇所のホテルを開業する予定です。そのうちの一箇所を本年の2月にナミビアでオープンする予定です。同社は、アジアやアフリカ、中東の市場などへの進出を目指していると伝えられています。日本にもできると良いですね。

同スタートアップは、2年以内に建設投資を回収し、ホテルのフランチャイズ募集及び公営住宅の建設を予定しています。

不動産に投資することで、良い収益を取得できるとJoinJapanが経験から断言できます。ヨーロッパ、CIS諸国、アジアの不動産に投資されたい方、弊社までお問い合わせを!