Летние Олимпийские игры в Токио 2020 могут стать самыми технологичными в истории

ニュース

Летние Олимпийские игры в Токио 2020 могут стать самыми технологичными в истории

東京オリンピック、史上最多最新技術を活用【無人タクシー登場】

2020年東京オリンピック開催時に、100台以上のトヨタeパレット無人シャトル、水素電気バスと電気自動車、ボランティアロボットとファンロボットが機能します。また、ロボット技術分野で活動している株式会社ZMPが東京オリンピックに向けて、無人タクシーを発明しました。正に未来の世界です!

JoinJapanは最新技術にとても興味を持っていますので、今回は皆さんにZMPの無人タクシーの魅力を伝えたいと思います。

観光客がタクシーに乗り込み、モニターに行き先を伝えるだけで、無人タクシーが目的地まで安全に送り届けてくれるのです。タクシーのドアを開くには、携帯を車の表面にある特別なセンサーでスキャンすればいいです。無人タクシーはスマホアプリで呼ぶことができます。外国人観光客が多く訪れ、世界の注目を集めるオリンピックは、こうした日本の最先端技術をアピールする絶好の機会になります。

株式会社ZMPは、日の丸交通株式会社と協業を開始し、自動運転技術の開発とともにサービスの開発と実証を進めており、2020年の無人タクシーの実現を目指しています。観光客は成田空港/羽田空港と東京シティエアターミナルをから都心部である丸の内エリアに移動できます。日本語が分からない観光客が言語を使わずに困ることもなく市内を移動できるというのも素晴らしいことです。

また、MaaSアプリを活用した空港リムジンバスと自動運転タクシーが既に運転しています。それに加え、道端を移動する1人乗りの自動運転電気自動車の実証試験が行われています。自動動運転自動車は「スマートタウン」にも導入されるようです。

JoinJapanは株式会社ZMPの社長、谷口氏にこのプロジェクトについて詳細を聞きました。「東京オリンピックに向けて、日本の先端技術を世界にアピールするには、「スマートタウン」プロジェクトには、不動産会社、市役所、ロボットメーカー、空港送迎を行っているバス会社などが参加します」とのことでした。

JoinJapanチームはできる限り先端技術、最新戦略を活用しています。日本の魅力的な無人タクシーが世界の他の国々にも登場すると期待しています。また、世界中の優れた技術を日本でビジネス展開していくコンサルティングも行います。

グローバルな投資先、ビジネスチャンスの発見ならJoinJapan。我々と一緒に未来を歩みましょう!