ウクライナと東ヨーロッパの市場での製品ブランディング

マーケティング

マーケティング

 マーケティングの重要性は、ビジネスを成功させている経営者であれば誰もが知っています。特に、不慣れな国外にビジネスの範囲を拡大する場合には、予想できないリスクや無駄な動きも多くなるため、できる限りそれらを減らすためにもマーケティングは重要です。

 弊社は、御社が国外で活躍していくビジョンを誰よりも鮮明に描ける自信があります。なぜなら、弊社には、自社の国外進出のみならず、様々な業種の国外進出の成功例を生み出してきた経験が備わっているからです。

 日本からみた世界、世界からみた日本、これは大きく異なります。そして、日本の常識は世界の非常識であることも多々あります。ですから我々は一件一件、御社の事業内容に合わせ、

  • ニーズの分析
  • 目標や予算の設定
  • 人材の確保
  • 販路の開拓
  • プロモーション

などを実行します。

もう少し具体的に例を挙げておきますと、 例えば、下記のようなマーケティングが行えます。

1. 海外でのビジネスサポート

  • 出張の手配、同行(会議、ビジネスツアー、カンファレンス、展覧会)
  • ビザ手続きのサポート
  • 会社設立、オフィス、幹部候補、スタッフの確保
  • 翻訳・通訳サービス(英語、ロシア語、スペイン語、その他)

2. 国際市場のリサーチやストラテジー

  • ビジネスに影響するトレンド
  • 成長と成功が見込めるビジネスモデル
  • 競合他社の特定
  • ターゲットオーディエンスやクライアントの特定
  • 現地のパートナー企業、代理店の選定
  • 現地の投資家や投資会社の選定やアドバイス
  • 事業分野に特化した法律家の選定や法的アドバイス

3.国際市場における商品価値やブランド作り

  • 進出先(現地)の価値観の確認と、それをもとにしたブランディング
  • ユニークなセールスポイントの作成やコンサルティング
  • コンテンツストラテジーの作成(WEBサイト、画像、映像コンテンツの計画・制作、コーピーライティング)
  • 新傾向、新ソーシャルメディアのモニタリング
  • セールスファネルの作成

4.国際市場におけるプロモーション

  • PRの企画立案、コンサルティング、PR業務の代行
  • 4マス(テレビ・ラジオ・新聞・雑誌)の正しい使い方
  • デジタルメディアの正しい選び方と広告運用(Line、Blog、Twitter、Facebook、Instagram、YouTubeなど)
  • 現地の言葉で、検索エンジン最適化(SEO)と運用
  • 現地の言葉で、コンテンツ連動型広告(PPC)の運用
  • 世界のインフルエンサーやセレブリティとの協力
  • 店頭プロモーションの企画及び制作
  • サンプリング・キャンペーンの企画及び運営
  • キャスティングの企画及び交渉、手配
  • イベントの企画及び運営
  • 営業支援、販売促進等における人材派遣及び運営

東欧最大の国、ウクライナでのビジネスサポート

東ヨーロッパで、新規ビジネスの開拓を考えている日本の経営者は増えました。中でも、ウクライナ国が持つポテンシャルを気に掛ける方を大勢みます。最近ではJICAもウクライナに事務所を構え、ウクライナ発のスタートアップ企業を探しているほどです。ウクライナは、投資環境や法整備が整っている国とは言えませんが、昨今のビジネスに必要不可欠なITエンジニアのレベルにおいては、非常に高い国と言えます。東ヨーロッパでのビジネスサポートやウクライナでのビジネスサポートは、いずれもJoinJapanにお任せください。

  • 視察コーディネート
  • 通訳作業
  • マーケティング
  • 市場調査

など、御社に必要なビジネスサポートを実行します。東ヨーロッパのビジネスサポートにおいては、すべての言語において対応できます。

ウクライナでのビジネスの創出とサポート

ウクライナの位置を地図で確認すると、ヨーロッパ全土、CIS諸国(旧ソ連)、中東の中心に位置することが分かります。また海路も陸路も存在することから、人、モノの移動が容易に行えるというメリットがあります。ウクライナでのビジネスの創出とサポートにおいては、ウクライナの地理的な強みも活用できると、より有効です。具体的にウクライナでのビジネスを考えていく際に、ウクライナと東ヨーロッパの市場調査を行う機会が増えます。例えば、

  • ウクライナから東ヨーロッパへの輸出品目の市場調査
  • 東ヨーロッパからウクライナへの輸出品目の市場調査
  • ウクライナのITエンジニアの東ヨーロッパへの進出傾向
  • ウクライナや東ヨーロッパにおける法律や投資環境の違い
  • 東欧各国や、ウクライナ市場での製品価格の形成 

などなど、ウクライナと東ヨーロッパの市場調査は多岐にわたります。

東ヨーロッパの中でも、物価、人件費、通貨は異なるため、各国の市場に合わせた製品価格、給与、支払い方法などを構築する必要があります。

ウクライナと東ヨーロッパの市場での製品ブランディングをサポート

日本メーカーは、最近盛んに東ヨーロッパに進出しています。例えば、日本食レストラン用の食材を扱う日本メーカーにとっては、ポーランドもとても有望な市場です。また、日本の抹茶、目薬、化粧品、お菓子などは、東ヨーロッパで根強い人気があります。そんな中、東ヨーロッパ最大の4500万人という人口を誇るウクライナ市場への進出も欠かせません。

例えば、ウクライナでは、あまり英語は利用されておらず、ウクライナ語やロシア語が主な言語です。その言語環境に合わせたウクライナ市場での製品ブランディングを徹底する必要があります。ブランディングには、現地の著名人やセレブリティー、メディアを利用する以外にも、SNSやデジタルプロモーションを活用したブランディングが効果的です。

ウクライナ人は、日本人や日本製品に対して、ポジティブなイメージを持っている傾向がありますので、そこも製品ブランディングの追い風要因となるはずです。

具体的にどのように、ウクライナでのビジネスプロモーションを行うのか?

東ヨーロッパでのビジネスプロモーションは、そのビジネスを必要とする年齢層、性別によっても分けていきます。例えば、ウクライナでのビジネスプロモーションの場合、若年層へのプロモーションであれば、SNSの中でもYouTube、Tiktokを活用することが増えています。例えば、経営者層へのプロモーションの場合、Facebookを通じて、ビジネスカンファレンスの告知・開催をしたりします。

ウクライナに進出したいサービスや商品のプロモーションを行う場合、日本と比べるとSNSを多用することが増えています。そのほうが、コスト的にも効果的にも有効であるという見方が強いためです。デジタルプロモーションが、東ヨーロッパやウクライナでのビジネスプロモーションには欠かせないと考えておいたほうが良いです。

日本と同様に、ウクライナの検索エンジン最適化も重要

ウクライナ人も日本人と同様に、検索エンジンGoogleを使い、日々様々なものを検索し、そこからショッピングや行動に移しています。ですから、ウクライナ語やロシア語でのSEO対策を行い、ウクライナの検索エンジン最適化を実施し、新規顧客を呼び込む会社が増えました。英語圏のSEO、日本語のSEOに比べると、ウクライナ語のSEOの競争は激しくないため、比較的上位に表示させやすいということもメリットであると言えます。

ウクライナでの事業計画をたて、いざ出陣!

ヨーロッパ、中東、旧ソ連の中心に位置し、東ヨーロッパ最大の人口を持ち、世界屈指のITエンジニアを多く輩出しているウクライナという市場が面白いと思う方は、次のステップに進んでいきましょう。弊社JoinJapanと一緒にウクライナでの事業計画をたてるところからスタートです。御担当者様からのお問い合わせをお待ちしております。

詳細はお問い合わせください
名前
メールアドレス *
電話番号 *
メッセージ *