Сотрудничество Казахстана и Японии в сфере развития ипотечного рынка

ニュース

Сотрудничество Казахстана и Японии в сфере развития ипотечного рынка

住宅ローン市場発達分野における日本・カザフスタン両国間協力

この度、独立行政法人住宅金融支援機構(JHF)と「カザフスタン住宅ローン組織」住宅ローン機構(KHF)は、日本・カザフスタン国内住宅ローン市場発達問題に関する覚書に署名しました。その詳細について、今回、皆さんにお届けします。

2019年2月5日、カザフスタン代表団による訪日の際、加藤利男JHF理事長とアディル・ムハメドジャノフKHF理事長は、上記の覚書に署名したそうです。

覚書の条件とは?

覚書の条件によれば、政府・産業プログラムによる研究に関する情報交換、また住宅市場・住宅ローン市場の安定性を上昇させる金融商品に関する相互協力が可能になります。

また、相互協力の条件として、両者は政府・産業プログラムによるリスク管理の研究に関する情報交換をしなければなりません。そうした研究により、住宅ローン証券市場の無事な活躍や「グリーン」、または「グリーン」でない住宅市場調査の実行などが可能になります。

両者によるアジア二次住宅ローン市場協会への入会の一環として、二か国間の相互協力が開始しました。

「日本のパートナーと交流することは我々にとって非常に大事です。両者の協力により、両国の住宅ローン・住宅市場の発展を目的に、新しい実践的な知識を活用できます」と、アディル・ムハメドジャノフKHF理事長が指摘しました。

カザフスタンのKHFは2000年12月に成立されました。2010年、同社は「カズイポテカ(カザフスタン住宅ローン)」という子会社の併合により再編成されました。その後、同社は、住宅ローン会社のステータスを取得し、直接市民向けに住宅ローンを融資できるようになりました。

KHFは主な活動分野は次の通りです。

・長期住宅ローン請求権取得
・住宅建設・再建築ローン
・有価証券(債券)の発行によって調達された資金を利用して住宅ローン組織または第二地方銀行が引き渡した商業用不動産の取得住宅金融支援機構(Japan Housing Finance Agency)とは、住宅金融市場における安定的な資金供給を支援し、住環境向上への貢献をめざす独立行政法人機関です。

JoinJapanは、日本のスタートアップや国際的大手企業のパートナーとして、ビジネス、マーケティングなどの効率的な戦略にとても詳しいです。国際市場に進出したい方は是非お問い合わせください!