Развитие «зеленой» энергетики в Азербайджане

ニュース

Развитие «зеленой» энергетики в Азербайджане

石油国アゼルバイジャンが再生エネルギーに集中?

地球温暖化が与える膨大な影響のせいで、これまでに発生していなかった地域にも自然災害がどんどん発生しています。そうした混沌の中、世界中の多くの国の政府や太陽光及び風力機器の大手メーカーなどは、グリーンエネルギーの消費量を増加し、より安価で販売できるように、努めています。また、なるべく多くの一般消費者がグリーンエネルギーについて知るために、色々な啓発活動に取り組んできます。

アゼルバイジャンも例外ではありません。「ACWA Power」サウジ会社と「Masdar」アラブ首長国連邦会社は、アゼルバイジャン国内太陽光・風力発電所建設企画向けに約4億ドルを投資するそうです。 2020年1月、バクーで、両国間の契約が締結されました。JoinJapanは発展の規格について具体的に皆さんにご説明していきたいと思います。

「本年1月に、総容量440 MWの太陽光・風力発電所建設について「ACWA Power」サウジアラビア会社対「Masdar」アラブ首長国連邦会社間の契約を締結しました。

今後、数ヶ月間、最終契約の締結向けに両者と交渉を実施します。2020年末まで両社間の契約が署名されるでしょう」と、オグル・アリエフ第4代アゼルバイジャン大統領が説明しました。

契約上では、「ACWA Power」はパイロットプロジェクトとして総容量240 MWの風力発電所を建設し、「Masdar」が総容量200 MWの太陽光発電所を建設しなければなりません。新築発電所により、年間発電量は約14億kWhとなる見込みです。また、JoinJapanが調べたところ、現在、天然ガスによるアゼルバイジャン国内の電力生産量は91,9%となっており、再生可能エネルギー源による電力生産量がたった8,1%だそうです。大規模水力発電所の発電量を鑑み、発電量が1.276千MWの場合、再生可能エネルギー源による電力生産量は17%です。

エネルギー省の推定によると、アゼルバイジャンの再生エネルギーの潜在的発電能力はなんと26,000 MWに達するそうです。その潜在力を活かさなければなりませんね。

エネルギー省の主な課題は、2030年まで再生可能エネルギー源による電力生産量を30%まで上昇させることです。再生可能エネルギー源により一時に10億kWの電力が生産されたら、2億立米の天然ガスの節約が可能となります。

革新的なグリーンエネルギーのおかげで、科学や技術などの見方も変わってくるだろう。グリーンエネルギーの発展をきっかけに将来、新しい科学が登場するかもしれません。

JoinJapanチームは、グリーンエネルギーに関わるプロジェクトをサポートしてきました。我々は環境問題解決に取り組むスタートアップや新プロジェクトを常に探しています。グリーンエネルギーの発展は大災害の予防措置になるのみならず、ビジネスの可能性を拡大させると信じています。ご興味のある方、是非お問い合わせを!