Коронавирус и «зеленая» энергетика

ニュース

Коронавирус и «зеленая» энергетика

新型コロナウイルスの社会経済影響:再生可能エネルギー編

多くの専門家が新型コロナウイルスを自然からの逆襲として評価しており、エボラ出血熱、鳥インフルエンザ、SARS、今回のCOVID-19等の病気流行の原因が自然に対する人為的干渉にあると確信しています。だから、今後、予期せぬウイルス流行を防ぐために、従来型のビジネスの継続ではなく、再生可能エネルギーの使用を促進し、環境に配慮した技術を開発しなければなりません。


今回は、皆様に新型コロナウイルスが再生可能エネルギー分野にもたらす影響についてご説明します。


コロナウイルス流行によって、努力すれば、自然回復、環境負荷減少が可能だと人間が実際に確認できました。専門家の分析によると、コロナの流行が収まった後に、金融危機を含む様々な様子のため、再生可能エネルギーの需要が高まると予測されています。過去には、同じパターンが見られます。


例えば、2008年の金融危機の後、オバマ大統領は米国再生・再投資法に署名しました。この法律により、再生可能エネルギーの研究とプロジェクトに300億ドルが投入されました。


また、1970年代初頭のオイルショック以降、米国人はより低燃費の車を求めるようになり、自動車メーカーはそうした環境に配慮した車を供給しました。


経済の復興と環境保護は両立できるものだとJoinJapanが確信しています。再生可能エネルギーに投資することで、社会が進化し、雇用も創出され、再生可能エネルギーの産業において高給の仕事が保証されます。

今回のパンデミックのおかげで、経済発展と環境悪化の関連が明確になりました。おそらく、パンデミックのため、ウクライナを含む欧州諸国の2050年までに気候中立を実現するための野心的な計画が延期されるかもしれません。しかし、将来、人類を脅かす新しいパンデミック発生の恐れを踏まえ、今後、同計画をさらに積極的に実施しなければなりません。


なお、欧州委員会は2019年12月、EUとして2050年までに気候中立、要するに温室効果ガスの排出をゼロにする経済活動を目指すプログラム、いわゆるグリーン・ディールを提案しました。同プログラムのおかげで、地球温暖化のスピードを減速できると予測されています。


欧州委のフォン・デア・ライエン委員長によれば、近い将来に同プログラムに1,000億ユーロが拠出され、2030年までに1兆ユーロが割り当てられる見込みです。


低炭素経済への移行を巡る議論は止るどころか、コロナウイルス流行の後押しによりさらに激しくなるとJoinJapanチームが信じています。今だからこそ、再生可能エネルギー関連企業、スタートアップ、技術開発に投資することが望ましいです。特に再生可能エネルギーの研究が進んでいるウクライナに も注目しておきます。


ご興味のある方はJoinJapanまでご連絡ください!我々は皆様の企業を成功に導くコンサルティング・マーケティング会社です。