Как завершилась ноябрьская миссия МВФ в Украине

ニュース

Как завершилась ноябрьская миссия МВФ в Украине

国際通貨基金(IMF)のウクライナ訪問とその結果

2019年11月14日~22日の間、ロン・ヴァン・ロデン団長率いるIMFミッションがウクライナを訪問しました。JOINJAPANが調べたところによると、今回の課題は50~60億ドルに相当する金額を支援することで対ウクライナの信用拡大をはかることです。このローンの具体的な目的は、マクロ経済の安定性の維持と構造改革の実施でした。

ロデン団長は、「IMF専門家チームは、ウクライナ政権と非常に実りある議論を行った。IMF専門家は、財政・金融政策の現実性に関して結論を導き出した。」と述べています。また、国際通貨基金はウクライナに対して2019年に実現しなければならない課題を定めました。その中には、金融・銀行分野の法律の複数採択、銀行分野のガバナンス強化、汚職の撲滅、民営化分野の改革推進が含まれます。また、土地改革、市場開放も満たすべき条件です。

なお、国際通貨基金(IMF)は数週間後、キエフを再訪問し、ウクライナ政府と議論を続けるする予定です。JoinJapanはその議論の進捗状況を追って、皆さんに最新情報をお届けするとともに、投資環境が整いつつあるウクライナのビジネスチャンスも紹介していきます。