В 2030 году в Японии планируют запустить технологии 6G

ニュース

В 2030 году в Японии планируют запустить технологии 6G

日本、2030年に次々世代「6G」を導入予定

この度、日本政府が6G導入について公式発表しました。弊社のスローガンは、『グローバルな投資先、ビジネスチャンスの発見ならJoinJapan』ですから、皆さんに常に最新で新鮮で正確な情報をお伝えしなければなりなせんので、今回は6Gの日本への導入について皆さんにお届けします。

2030年ごろの実用化が見込まれる第6世代通信規格「6G」を見据え、総務省が国際標準規格の獲得に向けた総合戦略をまとめています。6Gイニシアティブグループが既に形成されており、技術開発、6Gの可能な使用分野、アプリケーションポリシーに焦点を当てます。

6Gインターネット速度は5Gより10倍、1秒当たり100 ギガビットになると予定されます。今春に商用サービスが始まる「5G」を巡る規格策定は中国勢等に出遅れたという指摘もあるため、今後、日本政府が6G分野における研究開発に20億3000万ドルを割り当てます。また、10年後の巻き返しを図っているようです。高市早苗総務相は「国際標準策定プロセスに我が国が深く関与するため、早期に取り組みを開始することが必要だ」とコメントしました。

中国やフィンランド、米国などはすでに6G開発に取り組んでいます。フィンランドのオウル大学の専門家が6Gワイヤレスサミット2020に向けて、6G技術開発に努めています。2019年9月、フィンランドの調査会社6G Flagshipは、世界初の6G技術技術文書を公開しました。同文書によると、2030年に6Gの包括的な普及が始まるようです。

6Gの高速通信技術を使用することで、考えられないほど多くのチャンスの窓が開きます。たとえば、会議室や学校の授業向けのホログラフィック技術やリアルタイムでの複雑なコンピューティングデータの配信が可能になります。

6Gの技術のおかげで、投資やビジネス分野にも素晴らしい新チャンスが登場するとJoinJapanチームは確信しています。

JoinJapanは諸外国と日本のビジネス環境をより安全で迅速に準備するための業務を提供しています。会社の設立から、投資方法、買収方法、プロモーションの細部に至るまで、お任せください。