Хидео Кодзима: культовый геймдизайнер и его история

ニュース

Хидео Кодзима: культовый геймдизайнер и его история

小島秀夫:有名なゲームデザイナーの物語

音楽、映画、文学とは異なり、ゲーム業界ではクリエイターの名前が歴史に残らないことはよくあります。しかし、小島秀夫は例外!コジマのオーサーシップゲームは別のジャンルで選ばれ、彼のプロジェクトはそれぞれ大きな刺激を与えています。 Join Japanチームにとって、小島秀夫の活動はとても興味深いです。そして私たちだけではありません!彼が天才だということは事実です。


小島秀夫は子供の頃に何になりたかったのか?


小島秀夫は1963年8月24日に東京で生まれ、3人の兄弟がいました。幼い頃は非常にクリエイティブでした。彼は短編小説を書いたりして、イラストレーターや映画監督になりたかったです。「小さい頃、私はいつも頭の中に架空の世界があった。他人が見えない世界が見える。これが私の心の働きだ」と小島秀夫がインタビューで語っています。


ビデオゲームの世界へ


任天堂をプレイした後、小島はプレイヤーがコントロールできる魅力的な物語と世界に魅せれました。

小島はビデオゲームのインスピレーションをもらって、コナミのゲームスタジオでアシスタントデザイナーを務め始めました。英雄は退屈なゲームプレイではなく、これまでなかったストーリーを作りたかったのです。彼のアイデアはすぐには支持されませんでしたが、小島秀夫とコナミのコラボレーションは30年近く続き、アクションステルスゲームMetal Gear:Solidが誕生しました。


2016年には、Death Stranding新ゲームが発表されました。これは、小島秀夫がチームをゼロから組み立て、ハリウッドスターを集めた不思議な開発です。


Death Strandingのリリースは2019年11月8日に行われました。JoinJapanチームがその日を待ちに待っていました。やっていることに熱狂している人の活動は見たいものですね。