【美味しくて、健康に良い】ウクライナのオーガニック食品

ニュース

【美味しくて、健康に良い】ウクライナのオーガニック食品

【美味しくて、健康に良い】ウクライナのオーガニック食品

ウクライナは安くて美味しい農産物の産地として有名です。さらに、オーガニックで、健康に良い(栄養価が高い)作物ができると言われています。チェルノジョームと呼ばれる肥沃な黒土に覆われた大地があることも大きな要因としてあげられます。


ウクライナはヨーロッパでオーガニック食品輸出で第4位、オーガニック小麦輸出で第1位を占めています。


10年前にウクライナがオーガニック食品として輸出していたのは穀物のみでした。しかし、現在、ウクライナ産のオーガニック食品の総輸出量の28.5%が小麦、5%が大豆、5%が果物とドライフルーツとなっています。また、オーガニック加工品の輸出量が高くなりつついます。

「将来、ウクライナはEUのオーガニック市場だけでなく、世界でも競争力の高い生産者になる可能性がある」とオーガニックスタンダード社の社長、ガラシェブスキー氏がJoinJapanに伝えました。


JoinJapanのチームが特に驚いたのは2018年にウクライナが約10トンのオーガニックアイスクリームを輸出したことです。食べてみたいな~


ウクライナは日本にもオーガニック食品を供給しています。また、ウクライナの農業に投資する意味があると考えている日本の実業家が少なくないです。ウクライナでは、信頼できる生産者であり、安定的に供給できると確信しています。ウクライナの農地の面積が4270万ヘクタールまで至っており、肥沃な黒土が多いため、オーガニック食品をたくさん生産できます!


JoinJapanがウクライナの繁栄を祈っています!


ウクライナのオーガニック食品にご興味のある方は、弊社にお問い合わせくださいませ~