内野株式会社&オランダの衣料品会社、Senscommon、「自己浄化」できる活性炭繊維の衣装を発売!

ニュース

内野株式会社&オランダの衣料品会社、Senscommon、「自己浄化」できる活性炭繊維の衣装を発売!

日本の内野株式会とオランダのSenscommon会社は活性炭衣装の発売を開始しました!新登場のファッションコレクションは、ファッションと先端技術の不思議な組み合わせです。JoinJapanは、活性木炭を使用して開発された革新的な衣装コレクションを皆さんに紹介していきたいと思います。

弊社のチームは、このコレクションがとても気に入りました。ミニマルでスタイリッシュなデザインはもちろん、 環境も配慮した素敵なコレクションだからです!

エコ衣装の材料は?

主な材料はウバメガシです。ウバメガシの活性木炭は粉砕され、綿・ビスコース繊維に添加剤として混合されます。衣装の布は天然染料で染色されます。しかし、活性木炭の利用により、コレクション全体の主色は当然ながら灰色です。「材料のテクスチャはセーター縫製に使用されるフレンチテリーに類似しますが、成分は天然です。ほぼ90%は綿で、残りの10%はビスコースです」と、衣装のメーカーがJoinJapanへのインタビューで教えてくれました。

ウバメガシ製の布は防湿・防菌・防臭効果を持っているようです。また、イオンを吸着できる活性炭のおかげで、体温調節が可能です。

「水分や化学物質、臭気などは木炭にある多数の小さな孔を通して吸収され、除去されます。だから、このコレクションは、長いお散歩や海外旅行ににぴったりです」とブランドのデザイナーがコメントしました。

この衣装コレクションには、Tシャツ、ワイシャツ、ショートパンツ、ズボン、カーディガン、バスローブ等の商品があります。全品はミニマルなスタイルです。また、ポケットも付いていますので、とても便利です。

一品の値段は155~280ユーロで、ブランドの公式サイトで購入できます。

廃棄物が多いファッション業界は、環境に悪影響を与えています。ファッション業界には環境崩壊や温室効果ガス大量排出を及ぼす企業が多いですが、将来、UchinoとSenscommonの例から見習い、エコファッションを考える会社が増えると期待しています。

JoinJapanは、環境に優しいスタートアップ及び大手企業が国際市場に進出できるよう、努力しています。ご興味のある方はご遠慮なく弊社までお問い合わせください。