【東京を森に変える】東京の木造超高層建築!

ニュース

【東京を森に変える】東京の木造超高層建築!

【東京を森に変える】東京の木造超高層建築!

日本の建築家は世界中で一番高い木造ビル(350メートル=70階)の計画を立てました。


住友フォレストは高級な木材の納入会社としてよく知られ、創立350周年に祝して2041年までにその超高層木造ビルの建設を完了させる予定です。


JOINJAPANはそんなアイデアを聞いたとき、非常に驚きました!木造で350メートルは、聞いたこともありません。そんなチャレンジ精神を日本企業が持っていることも大変誇らしいことです。


木材は簡単に入手できるとともに、比較的環境にやさしい材料と表現されることもあります。


木造ビルはひび割れや崩壊しやすいコンクリートより柔軟性を持っているので、地震が多い日本に最適と言われることもあります。もちろん条件によって賛否両論ではあります。


70階木造ビルは一体どのように建設できるのか?


W350計画には18万5000m³の木材が使用され、残りの10%が鉄鋼構造。耐震性を考慮した鋼鉄の骨組みは350メートル、対角のスタビライザーバーが耐震性を強める構造です。


構想計画によると、8000戸の住宅、オフィス、商業施設、バルコニーを建設し、綺麗な緑を植えるようです。最高ですね。ルーフにはプール等の公共スペースを設置する予定です。


鉄骨鉄筋コンクリートで造られた建物の価額に比べると、住友フォレストのプロジェクトは2倍高いです。約6,000億円になりますが、地球環境改善への大きな貢献を考えれば、大したことではないと言う専門家もいます。


JOINJAPANは住友フォレストの建築技術が都市の緑化にもつながると信じています。


住友フォレストの担当者は「木材を利用すれば社会に木の大事さを示せ、自然と触れあえる機会も与えれる。木材建築の耐火性と耐震性を改良できれば、都市を緑化でき、都市の外観も豊かにできる」と弊社の質問に答えてくれました。


植物は酸素を排出し、二酸化炭素を吸収することもあり、東京など大都市特有の環境問題を解決することにも期待されています。