Узбекистан привлек $420 млн в свою обувную отрасль

ニュース

Узбекистан привлек $420 млн в свою обувную отрасль

ウズベキスタン、靴産業に4億2000万ドルを調達!

皆さん、ウズベキスタンでは、皮革および履物産業が発展しているとご存知ですか?

同国では、2019年に前年と比べ、革産業、靴産業、毛皮産業においての生産量が1.4倍増加しました。8600万足の履物及び600万ドル相当の革製品、720万ドル相当の毛皮及びアストラカンの製品が生産されました。

経済的にどんどん成長するウズベキスタンの皮革および履物産業の将来
輸入の最適化により、2020年には、履物産業における生産の現地化レベルを上げることが計画されています。 人工皮革生産は100%、靴底生産は92%、スポーツ用品生産は84%、スポーツバッグ生産は78%まで現地化する予定です。

Uzcharmsanoat協会(ウズベキスタンの皮革・履物・毛皮産業企業協会)は、カザフスタン、トルコ、アゼルバイジャンに事務所と商社を開設する予定です。また、100社の企業が靴産業における輸出を始めると期待されています。
さらに、Uzcharmsanoat協会は、様々な企業がブランドショップをオープンするように取り組んでいます。同協会の支援の下で国内メーカーの靴を購入できる多数ブランドの靴店をオープンするという提案もあります。そうすることで、消費者に色々なメーカーの製品を幅広い価格帯で提供することができるとUzcharmsanoat協会の代表者が指摘しています。

JoinJapanが調べたところ、2019年、ウズベキスタンの軽工業における90のプロジェクトが1億4620万ドルの外国投資を集めることができました。具体的には、皮革、革製品、履物、毛皮、アストラハン製品、羊毛製品の生産及び調達プロジェクトです。 投資のおかげで、ポリウレタン原料の生産問題を解決できました。 500万ドルで建設された2万トンの生産能力を持つポリウレタン原料工場は、国内の需要を完全に満たしている上、輸出も可能です。

2020-2022年、Uzcharmsanoat協会は4億1,200万ドルの投資を使い、靴産業において248のプロジェクトを実施する計画です。そのうち、1億9,680万ドルは外貨投資です。同産業拡大の結果、2万1千人の募集が必要になると予想されています。

JoinJapanは、グローバルに稼ぐチャンスを提供するマーケティング&コンサルティングカンパニーです。創業から15年、これまでに300のプロジェクトを応援してきました。アジア、CIS、ヨーロッパでパートナーやクライアントを見つけたい方、海外市場に進出したい方は是非お問い合わせください!