2025年日本国際博覧会、大阪にて開催の予定

ニュース

2025年日本国際博覧会、大阪にて開催の予定

2025年日本国際博覧会、大阪にて開催の予定

今回、Join Japanチームは皆様に素晴らしいニュースをお知らせいたします!パリで開かれた博覧会国際事務局総会の決定により、 2025年の国際博覧会は大阪で開催されます!

博覧会及びExpoは、様々な技術的成果をご覧いただける国際博覧会です。工業化の象徴です。

今回、大阪では1970年以来55年ぶりの開催となり、大規模で最高レベルの行事となるだろうと我々は強く信じています。

2025年日本国際博覧会の詳細をご紹介!

2025年の博覧会は5月3日~11月3日に夢洲という人工島で開かれる予定です。標語は、「いのち輝く未来社会のデザイン」です。今回の博覧会は、一人ひとりの「いのち」を守る、救うことに焦点を当てます。

本博覧会において出産支援や助産、健康的な食事や生活様式、予防接種などに関する革新的な発見が発表される予定です。

現在は、人工知能とロボット工学が発展してくる時代になっています。そういう時代の中で、 教育と雇用を利用し、社会福祉の充実可能性の拡大に係る問題が博覧会時に積極的に議論されます。 加えて、異文化理解という話題も注目されると伝えられます。

また、日本人の発表者は「Society 5.0」という未来社会の概念を紹介します。同概念は、最先端技術を利用して生きていく超知能社会、すなわち新たな未来社会のコンセプトとして提唱されます。

有望な概念ですね!

また、Join Japanが開催者に聞いたところ、今回は170か国以上が参加する予定だそうです。加えて、参加者が科学や技術、建築や芸術の分野における成果について発表できるように、各国向けにパビリオンが準備されます。また、2,800万人以上の人が2025年のExpoを訪問する予定です。

218ドルの予算を利用し、日本政府は発展途上国のために展示会場や参加者受付の準備などに協力します。

安全のために、開催者は現代技術をもって行列対策を実施します。なお、全会場 ゼロエネルギービルの形で営業するらしいです。

国際連合は博覧会を持続可能な開発における目標の達成を2030年までに可能とするイベントとしてみなすと発表されています。具体的に言えば、健康的生活様式や男女平等の確保、高質な教育や信頼性の高い最新エネルギー源へのアクセスの提供、気候変動や貧困・飢餓対策の実施などの目標が挙げられます。

Join Japanは、日本と世界のビジネス関係がより良く発展するように努めます。2025年日本国際博覧会を利用し、あなたのビジネスを加速させましょう!