ウクライナ、リン酸肥料の生産を増加

ニュース

ウクライナ、リン酸肥料の生産を増加

ウクライナ、リン酸肥料の生産を増加

2020年に中央ウクライナにあるジトーミル市に特別な複合肥料の生産が開始されるとBLAU ChemのコマーシャルディレクターがJOINJAPANに伝えました。予定される一か月の生産量は10~15トンです。


同社の製品は既に日本とアメリカ市場に参入されており、ユニークなレシピに従って、次世代の水溶性肥料として密かに注目されています。


新工場にはアメリカの生産整備が設置されます。BLAU Chemが計画している年間の総生産量は、250〜350トンです。


同社の各工場はアメリカの技術を用いて建設されました。生産工程が自動化されているため、人件費が非常に低いです。そのおかげで、最終製品の価格が手ごろであり、消費者にとって非常に喜ばしいことです。質が高い一方で、安価で買える肥料は滅多にありません。


ロシア産の肥料の禁輸措置が導入されてから、ウクライナの肥料メーカーが生産量不足の問題に直面しましたが、2022年までに、最新技術利用のおかげでその問題を解決できると見込まれています。


JOINJAPANはウクライナの農業分野における新開発を楽しみにしています。


ウクライナの農業をビジネスにしたい方、是非お問い合わせくださいませ。