2020年7月1日以降、Ukrspirtの市場独占が解禁

ニュース

2020年7月1日以降、Ukrspirtの市場独占が解禁

2020年7月1日以降、Ukrspirtの市場独占が解禁

12月3日、ウクライナ最高議会が、ウクライナアルコールメーカーのUkrspirtの独占を解消する法律を採択しました。同法律は、2020年7月1日に施行されます。


同法律により、医療・獣医療用アルコールを含む各種類のアルコールに対する国家独占が解消されます。今回、JOINJAPANの専門家は法律採択の背景にある原因を探ってみました。


その原因はアルコール輸出が急激に減少したことと、違法製造(密造酒)が力を増したことによる合法アルコールの生産が減少したことでした。出資不足のため、ウクライナのアルコールは競争力を失ってしまい、値段が高くなってしまいました。つまり、外国市場にとって魅力を失ったのです。


そんな問題の解決として、アルコールの輸出を自由化し、ライセンスを所有する企業にアルコール生産許可を付与することが提案されました。


これで、日本を含む様々な国へのアルコール輸出がより楽になります。ウクライナのお酒はアルコール度数が多少高いですが、美味しいので、読者の皆さんにも是非試してみていただきたいです。


ウクライナのアルコール生産の基準がこれからもっと厳しくなりますので、質も向上するでしょうね。


ビジネスや投資したい方は是非お問い合わせを♪