ヨーロッパ銀行、ウクライナにおける道路建設に出資

ニュース

ヨーロッパ銀行、ウクライナにおける道路建設に出資

ヨーロッパ銀行、ウクライナにおける道路建設に出資

ウクライナは急激なスピードで発展しています。


この度、ウクライナ首相のゴンチャルク氏が、欧州の2つの銀行と契約を結びました。欧州投資銀行と欧州復興開発銀行がウクライナにおいての道路建設と修理工事に9億グリブナ(およそ4,120,928,762円)を割り当てる見込みです。


この資金を使い、ウクライナの5つの地域で道路を建設する予定です。建設される道路の全長は340キロ以上です。素晴らしい企画ですね。


道路を始めとするインフラ整備はビジネスを行う上で非常に重要な要素です。田中角栄の日本改造論を彷彿とさせますね。田中角栄は、インフラ整備を通じて日本を大きく変えました。インフラが整備されると、地価も上がり、あらゆる投資とビジネス環境の改善に繋がります。ウクライナは農業が優れており、農産物の効率的な輸送にもインフラ整備は欠かせません。


ウクライナのインフラストラクチャー発展から、目が離せません。