Lil Nas XやCardi B等のMVはウクライナ人の監督

ニュース

Lil Nas XやCardi B等のMVはウクライナ人の監督

最近アメリカでタヌ・ムーニョというミュージックビデオの監督が大人気である。Lil Nas XやYungbludやKaty Perry等のMVを撮影し、2021年にMTV Video Music Awardsを受賞した。タヌ・ムーニョの作品の中では圧倒的な数が百万視聴者のマークを超えた。

では、以下にタヌ・ムーニョが作ったMVのランキングがある。

ミュージックビデオ視聴率
2021Lil Nas X「Montero (Call me by your name)」3.4億
2017Time and Glass 「Trol」1.8億
2021Cardi B「Up」1.8億
2016Monatik 「Spinning」[ロシア語バーション]1.2億

ウクライナ人とキューバ人のハーフで、ウクライナのオデサの近くにある小さい町の出身だ。大学で数学を専門し、性格は人見知りだと言った。自分のキャリアをウクライナで始め、特にMonatikというRnB歌手のコラボレーションで有名になった。2016から2020にかけてMonatikの16本のMVを撮影し、2016年から毎年ベストミュージックビデオとしてYuna Awardsの賞をもらっていた。2019年にKaty Perryの「Small Talk」を撮影することで、アメリカ進出が大成功になった。タヌ・ムー二ョの一番有名な作品のなかでLil Nas X「Montero (Call me by your name)」とLizzoとCardi Bのコラボから生まれた最新曲「Rumors」を挙げられる。

タヌ・ムーニョが作ったミュージックビデオはなぜ負けずに人気を集めているのか。

まず、タヌ・ムーニョは新しいアイディアをどんどん挙げ、そのビデオが新しいものの見方を持ち、さわやかな風のようなものだ。そして、自分が好きになれる曲のみのミュージックビデオを撮影する。最後に、撮影中に人に指示をせず、なるべく自然な動きを映りたいことにする。「キューバの血に流れている自由や世界への解放の感じのおかげのかな」と彼女が考えた。MVの特徴は、鮮やかな色、対称性、アクション、極端なカメラ角度やズーム、色気を挙げられる。

タヌ・ムーニョの働き方も不思議だ。普通はスターのミュージックビデオに大きい撮影チームが働き、細かいものまで指示しているのだ。逆に、ムーニョは状況を把握するために、タヌが小さい撮影チームを好み、最適はムーニョと撮影者が二人で働くのが好きだ。

2021年にタヌ・ムーニョはアメリカのメディアや社会で狂乱を引き起こした。Lil Nas X「Montero (Call me by your name)」のMVが冒涜的であると非難されていた人がいた。そして、クィア文化を非難していた人もいた。しかし、こんなに大きな注目を集めたタヌ・ムーニョのアイディアがアメリカの克服をし始めたばかりだ。