東芝、血液1滴からたった2時間でがん13種を99%検出できる検出技術を開発!

ニュース

東芝、血液1滴からたった2時間でがん13種を99%検出できる検出技術を開発!

東芝、血液1滴からたった2時間でがん13種を99%検出できる検出技術を開発!

JoinJapanは医療分野における新しい開発を常に見守っています。人の人生に直結する大切な分野だからです。

そのような中でこのような技術の進歩は世界中の人のためになるのではないでしょうか。株式会社東芝は、日本国立がん研究センターと東京医科大学との共同研究で、血液中のマイクロRNAを用いた簡便かつ高精度ながん検出技術を開発しました。

マイクロRNAは、遺伝子やタンパク質を制御している核酸分子です。血液中のマイクロRNAの種類と量を調べることで、肺がんや乳がんなどさまざまながんを早期に発見できます。

東芝では、独自のマイクロRNAチップと専用の小型検査装置を用いり、検査時間を2時間以内に短縮しました。今回開発したマイクロRNA検出技術を用いることで、高精度でのがんの早期発見が期待され、早期の治療が可能になり患者の生存率向上に貢献できると期待されています。

「ほかの会社と比べ、我々の検出技術は精度が最も高く、検査時間が短く、コストの面でも優れている。同技術のコストは2万円(おおよそ185ドル)。この技術は定期健康診査で使われる見込み」と東芝研究所の主要研究員がJoinJapanのチームに伝えました。

今後、この検出技術が日本だけでなく、世界中でも使われるようになると期待しています!

JOINJAPANでは、ガン検出技術に限らず、世界中の人々の健康を応援するために、医療に関する最新のニュースを随時お知らせします。