村田製作所のコンデンサ

ニュース

村田製作所のコンデンサ

村田製作所のコンデンサ

世界中の電化製品には『コンデンサ』が使われています。

その中で、スマートフォンに利用されているものを『積層セラミックコンデンサ』と呼びます。

この『積層セラミックコンデンサ』の製造は、日本の企業が世界シェアの半分以上を占めている状態です。

その中でも、世界最大のシェア(40%以上)を誇っているのが『村田製作所』です。

1台のスマートフォンの中には、この積層セラミックコンデンサが、800〜1000個も利用されています。

したがって、この部品の小型化はとても重要な課題。小型化に成功することで、スマートフォンのバッテリーサイズ(容量)を大きくできます。

皆さんも、アイフォンなどで「えーーもうバッテリー切れか・・」と不満に思ったことがありますよね。

そんな問題を解決するために、昨年末、ついに村田製作所が従来の積層セラミックコンデンサの5分の1のサイズの製品化に成功しました。

一気に5分の1のサイズにまで小型化することは大変難しいことだったようです。

次世代のスマートフォンには、この村田製作所が開発した超小型の積層セラミックコンデンサが利用されるはずです。

ちなみに、村田製作所では、原料、製造機械、製品、のすべてを自社開発していますので、外国企業にすぐ真似されることはありません。

今回の小型化成功は、投資家の間でも話題になっており、株価も上がっています。

村田製作所に今後も期待してます!