日本の小型衛星を載せ、NZ製のロケットが宇宙へ東京オリンピックに人工流れ星で空を鮮 やかに✨

ニュース

日本の小型衛星を載せ、NZ製のロケットが宇宙へ東京オリンピックに人工流れ星で空を鮮 やかに✨

日本の小型衛星を載せ、NZ製のロケットが宇宙へ東京オリンピックに人工流れ星で空を鮮 やかに✨

Astro Live Experiencesという日本企業が小型衛星ALE-2を発射すると発表しました。ALE-2は人工的に流星を作ることができ、ビッグイベント時に利用されることを目指しています。この衛星は小型宇宙ロケット開発で世界をリードする「ロケットラボ社」のロケットによって打ち上げられます。衛星のサイズはわずか0.6-0.6-0.8 mで、中には直径10ミリメートルのプラスチックボールが入っています。このプラスチックボールが地球の表面から60〜80 kmの高度で燃え始め、まさの流れ星のように見えます。


来年のオリンピックでは、東京の夜空に綺麗な人工流星を見られるかもしれませんね。

日本人は常に新しいアイディアを探っています。同時にJOINJAPANは諸外国日本のビジネス環境をより安全で迅速に準備するための業務を提供しています。

我々は日本と世界中の投資家や経営者の架け橋になるように頑張っています。国内市場だけでは売り上げの限界が見えてきた方、国際市場の開拓をしたいときに是非お問い合わせください。