ウクライナでのビジネス/スタートアップへの投資を探す

投資先の紹介

ビジネスのための投資家を探す

最近では15年前とは異なり、スタートアップ企業が資金を調達したいという相談が膨大な件数に上ります。特に、諸外国のスタートアップ企業は、日本人からの投資に大きく期待を膨らませています。しかし、日本人投資家の投資に対するシビアな物差しは、良くも悪くも他国の投資家達の中で群を抜いています。

 従って、「kickstarter」や「indiegogo」のようなクラウドファンディングで資金調達を行ったほうが効率的なケースも多く見受けられます。

 JoinJapanでは、資金調達したいクライアントに対して、投資家の紹介だけを行うケースは少ないです。大半は、資金調達したいプロジェクトの内容を細かくチェックした上で、そのプロジェクトが成功していくロードマップ(生産や開発やプロモーションなどのプロセス)においてもコンサルティングを行い、投資家の負担やリスクを可能な限り減らします。

 また、出資者側と、調達側の権利の主張は、日本と諸外国とで大きな隔たりがありますので注意が必要です。

 弊社では、某世界最大手級のファンド出身者がマネージメントを行います。

初心者の起業家とは異なり、経験豊富な起業家は、資金調達のコツを掴んでおり、投資家へのプレゼンテーションを含む全行程で、プロジェクトや会社の『魅せ方』を良く知っています。それと同時に、プロジェクト内部のスタッフへの配慮も欠かしません。

どんなスタートアップでも、いつ、何に、どれだけの投資が必要かの割り当てを明確に示す必要があります。投資家は、プロジェクトの将来性と計画性に着目しています。

ウクライナでのビジネスのための投資家を探す場合、投資環境を意識しながら、投資家に事業を説明することも大切です。例えば、政権が変わることによって、投資したものがパーになってしまうような投資であれば、投資家は投資しません。

逆に、例えば、ウクライナの強みである、ITエンジニア、農業などを用いたプロジェクトで、且つ、透明性があり、将来的には、欧州や周辺国へもビジネスが派生していくような計画の場合には、投資家からの注目が集まる可能性があります。

ブルガリアのスタートアップへの投資を探すことは、決して簡単ではありませんが、当然不可能でもありません。昨今では、国や地域というよりは、プロジェクトの中身に投資家は注目します。昔は、シリコンバレーがもてはやされたような時期もありましたが、昨今では、どんな国にも優秀なスタートアップが存在します。

起業に不慣れな経営者の場合、下記のようなポイントで失敗を重ねます。

  • 自分の思いだけを熱烈にアプローチし、計画性に欠けている
  • 売り上げと利益の管理ができていない
  • 社内の意思決定システムが成立していない
  • 投資家は、上記のような会社への投資はためらいます。

ウクライナのスタートアップへの投資を探す

ウクライナは、2021年時点で、ユニコーン企業を5社出すほど、熟成したスタートアップ市場を持っていると言えます。特に優秀なITエンジニアが豊富にいることから、東欧の中ではもちろん、世界的にみても、デジタル社会の中においては、起業にとって有利であることは間違いありません。その反面、ウクライナ人の起業家たちは、自国で会社を設立することは珍しく、基本的には、アメリカの一部の州、エストニア、ドバイなど、会社設立や税法が有利なエリアでの会社設立を行うケースが多いです。

アゼルバイジャンでのビジネスのための投資家を探すこと自体、日本の投資家にとっては興味深い取り組みです。日本人はほとんど入り込んでいないマーケットであり、それはイコール、優位性があると考えることもできます。日本市場で人気が上昇しているサービス等をアゼルバイジャンで提供するスタートアップなら、日本人投資家の心をつかみやすいと言えるでしょう。

ハンガリーでのビジネスのための投資家を探すことは、東欧の他国に比べると比較的難しい傾向があります。ハンガリーには、多くの中国人投資家がすでに入り込んでおり、日本人の投資家の付け入るスキがないというのが実際のところでしょう。ただし、観光産業などにおいては、ヨーロッパの中では高い水準にあるものの、日本のようなきめ細かな観光を導入することによって、更に伸びる分野も多く眠っています。

モルドバのスタートアップへの投資を探すなら、今は、IT分野、農業分野などが最適です。モルドバは、ワインの生産が盛んで、地下の洞窟(トンネル)の中に、数多くのワインが眠っている町もあります。その洞窟は大変広いため、その地下施設を車で移動します。また、ITエンジニアも少しずつ増えてきており、そのようなスタートアップにも投資が集まりつつあります。最近ではJICAもモルドバへの融資を積極的に進めています。

ポーランドでのビジネスのための投資家を探す

ポーランドの場合、すでに多くの日本企業が投資を開始していることもあり、日本人となじみが深い国と言えます。また、隣の国であるウクライナのITエンジニアが多く在籍していることから、ITサービスについても進んでいるエリアであると言えます。欧州の投資家は、ポーランドの不動産に投資しているケースもよく見受けられます。

ルーマニアのスタートアップへの投資を探すことは、日本人投資家にとって面白いです。最近では、コスメとITを融合させたコスメテック、農業とITを融合させたアグリテック、食品とITを融合させたフードテックなどの分野で投資が集まりやすくなっている傾向もうかがえます。また、教育や芸術の分野でもチャンスが多く眠っています。

スロバキアでのビジネスのための投資家を探すことは、観光産業において特に有望と言えます。また、不動産の価格も高騰しているため、不動産投資家は、スロバキアに注目していることも間違いありません。

チェコ共和国でスタートアップの投資を探すことについては、東欧の中においては、かなり有望と言えます。周辺国の中には、チェコで起業したいというスタートアップも多く出てくるほど、税制も優遇されており、法の管理も行き届いている印象です。

いずれにしても、東ヨーロッパのスタートアップに投資をしたり、東ヨーロッパでビジネスを立ち上げたり、投資家を探す場合には、JoinJapanにいつでもお気軽にお問い合わせ下さい。

JoinJapanは、より多くの企業、政府、スタートアップをより良い環境でマッチングさせ、マーケティングやコンサルティングやコーディネイトも含め、皆様のよきアドバイザーとして勤めを果たしたいと考えております。

詳細はお問い合わせください
名前
メールアドレス *
電話番号 *
メッセージ *